中古不動産再生事業を通し、お客さまだけのオリジナル空間を不動産・リノベーションというアプローチから実現してきた
ロンテックが、次は人間の根本に関わるひとつである「食」においてのオリジナルをご提案するため、イタリアンレストラン
「Herba Mondo(ヘルバモンド)」を東京・恵比寿にオープンいたします。

「Herba Mondo」がご提供するのは「非日常空間でのこだわり抜いた料理」と「オーダーメイドハーブ」。
「食」とは、そして人類が生まれた頃から存在していたと言われる「ハーブ」とは、何か。
そして私たちの生活をどう豊かにしてくれるのか。

大量生産・大量消費の経済活動の中で失われてしまった本質を見直し、
そこにHerba Mondoだからこそ生み出せる美しいアートをまとわせて。
心を込めて、ご提供いたします。

「食の安全」が取り上げられるようになって久しく経ちました。
生産者の顔が見える食材、という安心感はスタンダードになりつつあります。
食材への安心感はもちろんのこと、より自然に近く、より生産過程に透明性があるものを自ら見て、触れて、選んでいます。
私たちが納得した食材だけを使い、こだわりの料理をご提供いたします。

多くの方が一度は口にしたことがあるのではないかと思われるほど生活に浸透している「ハーブ」。
今や、ほとんどの飲食店や店舗で取り扱われるようになりました。

しかし、各ハーブの味や風味そして効能までを理解し、生活に取り入れている人はどのくらいいるでしょうか。

人類が生まれた頃から存在していたと言われるハーブは、ケミカルの無い時代に、植物自身がもつ成分を体内に取り入れることにより、
病気の予防・改善等の療法として広く用いられてきました。
自分の身体を理解し、適したハーブを摂取することにより心身の状態を正常に戻す手助けをしてくれます。
最も大切なことは、自分自身と向き合い、理解した上で、暮らしにハーブをコンスタントに取り入れることです。

ひとりひとりの好みも異なれば、求めている効能にはもっと差異がありはずです。
その人のためだけに、たったひとつだけのハーブをブレンドする。

それがHerba Mondoがみなさまにお届けする「オーダーメイドハーブ」です。

鉄職人の祖父の元で、幼少期から「ものづくり」に興味を持ちながら育つ。17歳で出逢ったイタリア料理に感銘を受け、イタリアンシェフになることを決意。イタリア料理店に無給でも働かせて欲しいと直談判し、料理の基礎を学ぶ。その後20歳でイタリア・シチリア島に渡り、本場でイタリア料理を習得する。
帰国後12年間、さまざまなレストランで修業する中で「ハーブ」と出逢う。ハーブの可能性に魅せられ「ハーブを広め、日常的に生活に取り入れてもらうこと」を自らの使命とし、スペイシャルハーブデザイナーとして活躍中。
ハーブに関する数々の受賞歴を持ち、大手企業とのタイアップ講演や執筆、アドバイザリー業もこなす。2016年4月に自らがオーナーを務めるイタリアンレストラン「Herba Mondo」を東京・恵比寿にオープン。

リノベーションライン ALIVE ロンテック不動産エージェント 中古不動産研究所

CONTACT