マンション投資を始める前に確認しておきたい注意点

マンション投資を始める前に、確認すべき注意点があります。

不動産投資で失敗しないためには、様々な視点から重要情報についてきちんと把握するようにしましょう。

物件の資産価値とは

不動産投資で大きな収益性を確保するには、長期的な目線から資産価値の保てる物件を選ぶのがポイントです。
物件の資産価値は、立地や築年数、そして管理状態が大きく関わってきます。
都内で限定して言うならば「駅から近い」「周辺に商業施設がたくさんある」などが必然的に立地の良い物件になります。
特に駅から近ければ、通勤にも便利で、生活に必要な施設も駅周辺に集まりやすいなどのメリットがあります。
また、築年数も資産価値を決める大切なポイントが、それよりも見極めが必要な項目が「管理状態」。マンションは管理状態で同じ築年数でも全く違うものになります。
管理会社はもちろん、長期修繕計画がしっかりと行われているか、管理組合が機能しているか、そして実際の管理状態は目で見る必要があります。

空室について

良いマンションを選ぶためには、空室状況もきちんと確認することが必要です。空室率が高いマンションは、空室を可能な限り少なくする戦略が求められます。そのため、空室改善に向けた新たな投資も必要となるでしょう。

利回りと言われる指標が一般的ですが、その利回りの根拠、長い目で見たときに家賃下落の可能性やその物件の価値など、専門的な視点も必要です。

不動産投資に関しては様々な情報・書籍が溢れていますが、自分の資産状況やどのくらいのキャッシュフローが必要なのか、そしてその目的は果たすためには何が必要なのか。人によって全く異なります。

自分が持つべき物件を明確にするためにも、理解・納得するまで情報収集するように心掛けましょう。

CONTACT