待機児童も少なく育児支援も充実の「大森」はファミリーにおすすめエリア

大森駅周辺はかつて工業地帯だったのが工場の移転に伴い、公園や商業施設など家族で住むのに適した地域になっています。

今回は、“便利なだけじゃない”大森の魅力ついてご紹介します。

大森の歴史 ~元は海苔の生産地、そして日本考古学発祥の地~

大森は現在の大田区の北東部に位置しています。

元々は江戸時代頃、農業と漁業の盛んな地域で、特に海苔が多く取れていました。現在も海苔を扱う問屋が残っています。品川宿と川崎宿を結ぶ東海道の街道だったため、当時は大いに賑わっていたそうです。

明治時代に入ると東海道沿いに新橋~横浜間を走る鉄道が通るとその4年後には大森駅が開業しました。これは日本の中でも非常に古い駅のひとつです。

その後、関東大震災が起こると都心から多くの人が移り住むようになります。多摩川の水害の影響も少なく自然も残っていた山王地区は住宅街となり、現在も多くの人が住む場所になります。

旧馬込町と旧入新井町には大正、昭和に多くの芸術家や文士が居住していました。その後、大森周辺に工場が立ち並ぶようになると漁業は衰退していきます。

高度経済成長期に入ると埋め立てにより海苔の生産もできなくなり、完全に工業地帯へと変わっていきました。その後、工場の移転が増えるとその跡地に住宅や学校、公園が建設されるようになり、現在の子どもを持つファミリー層が住みやすい地域となったのです。

大森の特徴 ~暮らしやすさと賑やかさの共存~

元々工業地帯だった大森周辺は、工場の移転に伴い、その跡地には住宅や学校に商業施設、公園などが作られました。

大森駅周辺、特に東口側には多くの商業施設が立ち並んでいるので、お買い物やレジャーなどに困らないでしょう。かつてのいすゞ病院、いすゞ自動車事業所跡地に建てられた商業複合施設、大森ベルポートではオフィススペースを含めたレストランやショップ、イベントスペースなどがあり、賑わいを見せています。

この他にも、区立図書館の入るLuz大森や23時間営業のイトーヨーカドー大森店があります。このような商業施設医以外にも、地元の商店街ミルパが人気です。こちらでは毎月のようにイベントを開催するなどして大森駅周辺を盛り上げています。

公園などのアウトドア施設も多く、子どもと体を動かすのにおすすめできるアスレチックコースのある平和の森公園や球技もできる大田区立大森スポーツセンターがあります。

平和島公園や城南島海浜公園では都心にも関わらず専用キャンプ場もあり、特に城南島海浜公園では、羽田空港の離着陸を間近で見られる隠れスポットとなっています。

静かで暮らしやすい西側にも注目です。(山王側)
大森駅西側は東側の賑わいと違い、閑静な住宅街が並びます。大森の歴史の中でも述べました山王地区と呼ばれる地域で、高台の上には緑豊かな自然が残るお屋敷が立ち並びます。

その中の一角には四季折々の草花を楽しめるイングリッシュガーデン風の山王花清水公園や、歴史家徳富蘇峰の住居跡を生かした、日本庭園の趣のある蘇峰公園があります。

駅前の喧騒や駅東側の賑わいに疲れた時には西側に行ってみるといいかもしれません。もちろん住むにも静かな点の他に治安もよく、暮らしやすい場所です。

そして若いファミリー層に魅力なのが、充実した子育て行政サービスです。
大森駅のある大田区は、ファミリー層が多く住むことから国の子育て支援策の他に、区独自のサービスを行っています。

出産における基本的なことを学ぶ両親学級を積極的に開催していたり、子どもの預かりサービスにも力を入れていたりします。

この他、私立幼稚園保護者補助金として入園料や保育料を補助と、育児支援体制が整っています。

このような区の育児支援もあってか、待機児童の数も都内では比較的少ない方に分類されるようです。

閑静な住宅に便利な商業施設、子どももうれしいアウトドア施設、区の育児支援――大森周辺は子供どもを安心して育てられる環境がそろっています。

大森へのアクセス ~仕事にも観光にも便利~

大森のもうひとつの特徴は何といっても交通の利便性の良さです。

特に利用することになるのが京浜東北線ですが、品川まで6分、東京までは15分、横浜には22分で着きますのでお仕事にも観光、お買い物にも便利です。

9分と近い川崎駅では南武線にも乗り換えられますし、お隣の大井町で乗り換えれば新宿や渋谷にも15分ほどで向かえるので、都内に向かうのは至便。東急大井町線やりんかい線などにも乗り換えられます。
また、大森駅から羽田空港までは30分ほど、京急本線の大森海岸駅を使えば羽田空港にも20分ほどで着きます。東京駅や横浜駅に楽に行けるので、東海道新幹線や東北新幹線も比較的簡単に利用できます。飛行機や新幹線も近いので旅行の他、実家に帰省の際も利用できますし子どもにはつらい長距離の移動も少なくて済みます。

このように大森周辺はファミリーで住むのにうれしいポイントがたくさんあります。子どものことを考えて暮らしやすい場所ならば大森駅周辺はおすすめです。

ちょっと有名な話~大森での歴史的大発見 ~

大森では日本の歴史を知る上での重大な大発見がありました。

明治時代に動物学者のモースという外国人が横浜から新橋に向かっている際、大森駅を過ぎてすぐの崖に貝殻の積み重なった層を発見したのです。

モースは日本人の助手を連れて発掘を開始してみると、ここから貝殻の他、土器や土偶、石器、石鏃などが発見されました。

これは貝塚と呼ばれる古代人のゴミ捨て場とされるものだったのです。

これが日本初の考古学の発掘調査でした。後に大森貝塚と呼ばれるこの場所から日本の考古学が始まりました。

ぜひともお子さんにも知ってほしい日本の歴史のひとつです。

CONTACT