混同していませんか?リノベーションとリフォーム、その違いは?

混同しやすいリノベーションとリフォーム。

似ているようですけれど、2つの意味は明確に異なります。

ここでは2つの違いについて分かりやすく説明していますので、リフォームやリノベーションを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

リフォームとは?

リフォームとは、簡単にいえば元の状態に戻すことを意味します。

マンションやアパートでいえば、退去後は入居前の状態に回復させる必要があります。老朽化した設備や、破損した床や壁などを修復したり、新しくしたり、「マイナスをゼロの状態」に復元するのがリフォームの役目です。

リノベーションとは?

リノベーションとは、既存の建物や設備に大がかりな改良を加え、全く新しい価値と機能をもたらす方法です。

オーナーが抱く構想やコンセプトをもとに、改築や改修が行われるので、元の建築状態とは全く異なる建物・部屋に生まれ変わることもあります。

例えば、もっとお客さんが入れるよう店舗内を広い構造にしたり、キッチンを壁付きから対面キッチンに改装したり、住居とオフィスを兼用できる室内構造にしたりと、新たな付加価値を生み出す効果があります。

リフォームとリノベーションの違いは?

「建物や部屋の状態を良くする」という意味では、リフォームとリノベーションも同じといえます。

しかし、リフォームの目的は、マイナスの状態を元に戻す「原状回復」にあるのに対し、リノベーションは特に悪い部分がなくても「この部屋をこんな用途で使えるようにしたい」「この設備をもっと生かせるよう工夫したい」などの要望や構想に沿って大幅な改修・改築工事を行います。そのため、2つの工事の作業内容・規模は大きく変わってくるといえるでしょう。

リフォームの場合、壁紙の貼り替え作業や、リビング・キッチン設備の変更などに対してリノベーションは、床材や壁材を新しい素材に組み替えたり、骨組み以外は全て改修したりするなど、かなり大がかりな工事を必要とします。

リノベーションは、手間暇・時間・コストもかかりますが、オリジナルの住まいにする手法として現在注目を集めています。

CONTACT