競売物件とは?一般市場の物件との違いを知ろう。

中古不動産の購入を検討している方は、競売物件(けいばいぶっけん)」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

読み方は「きょうばい」ではなく「けいばい」ですが、オークションにかけられるという点は一般的な競売と同じです。

今回は一般市場に出回っている中古物件と、競売物件との違いをお伝えしていきます。

そもそもなぜ競売物件というものがあるのでしょうか?

いかなる理由でも、不動産の持ち主が支払いの義務を果たせなくなると民事執行法に基づき、所有している物件は債権者によって差し押さえられます。

そして債権者はしかるべき手続きに沿って、持ち主が作った借金を補填するために裁判所に申し立てを行うことになります。

不動産競売とは、裁判所がこのような状況下で不動産を強制的に売却することで、その売却代金で債務を返却する手続きになります。この差し押さえられた物件を「競売物件」と言います。

競売物件が出てくる背景としては、ローンを支払えなくなった、事業に失敗した、やむを得ない事情で手放さなければならなくなったなどの理由で、競売物件になることが多い様です。

一般市場に出ている物件との違い

競売物件の購入価格は、一般市場に出ている物件より低い価格で出回っています。

その理由としては内覧ができないこと、瑕疵担保保証(かしたんぽほしょう:キズなどがないかについての保証)がないことなどが挙げられます。

売主がいないことからも、設備の点検や修理も不十分な点が多いことを覚えておきましょう。

また、競売物件の場合、裁判所が所有権移転登記や権利関係手続きを行うことになります。

物件の落札に一般の方も参入できるようになったことによる変化

近年の法改正になり、競売物件の落札に一般の個人も参入できるようになりました。

そのため格安で売り出されていた物件の価格が、相場価格まで引き上がる、という現象も起きています。

現在は不動産のポータルサイトにより、物件相場が簡単に、誰でも知ることができるようになったことも背景として挙げられます。

 

競売物件の良し悪しを見抜く難しさ

前述したように、競売物件は内覧ができず瑕疵担保保証もないために、物件の良し悪しを判断するのが非常に困難です。

またこれにより、銀行からの融資が受けにくい、すなわちローンが組みずらいという難点もあります。

競売物件を検討する場合は、なぜそれを購入する必要があるのか、他の物件ではだめなのか、しっかりと考えるようにしましょう。

CONTACT