自宅に<バスルーム>というパワースポットを。

リノベーションの要と言っても過言ではない水回り。キッチン・バスルーム・レストルームは私たちが生活を送る上でとても大切な部分です。
弊社がリノベーションを手掛ける際、水回りの設計・施工はお客さまと時間をかけて創り上げます。
お客さまとしっかりとライフスタイルを共有し、ショールームに足を運びながらオリジナルを創り上げていく。特にバスルームは私たちに癒しを与えてくれる大切な場所です。
今回は私たちのオリジナルライン「MADE by RONTEC」が手掛ける駒澤の物件のバスルームについて、お届けいたします。
バスルームひとつとっても、物件の仕様・デザイン・使用用途・予算など様々な要因があってオリジナルができ上がります。

ピックアップ

メーカー リクシル
商材 システムバスルームSPAGE(スパージュ)
商品コンセプト お風呂を愛する国のバスルーム
主な機能 肩湯・打たせ湯・オーバーヘッドシャワー
http://www.lixil.co.jp/lineup/bathroom/spage/

バスルームの細部にまで、こだわりを。

弊社施工物件(MDEA by RONTEC テラス駒沢)のバスルームは、都会の喧騒から逃れ、ゆったりと一日の終わりを過ごして欲しいという思いから「自宅に<バスルーム>というパワースポットを」との想いで、設計を始めました。
多くのメーカーの商材がある中で、今回このリクシルSAPGEを選んだ決め手には、この商品の「お風呂を愛する国のバスルーム」というコンセプトが、隅々まで反映されたバスルームだったからです。

SPAGEを設置するためには、有効天井高(仕上がり時の天井の高さ)を通常のマンション用バスルームより高く必要とするため、マンションでは使用する機会が少ないのが現状です。
マンションリノベーションの場合、多くは同メーカーの「ソレオ」「リノビオ」が使用されます。
今回の物件の売りのひとつでもある天井高は、躯体で床から天井まで約3メートルあるため、ゆったりとした上質な空間を創り上げるためSPAGEを選定しました。

リノベーションを施す際、ユニットバスに関してはパターンの決まったものかオリジナルで組み合わせるか、のどちらかです。
どちらを選ぶかは予算や納期によって異なりますが、セット売りを用いて施工期間短縮を取り入れている会社もあるのが現実ですので、こだわりがある方はしっかりとショールームに足を運び、ライフスタイルや物件に合ったものをセレクトすることが大切です。

「白色」の効果

今回のバスルームの色合いは、天井・床・浴槽・カウンターは全て白で統一し、壁には四面ベージュ石目のタイルを採用しています。
白という色味は、空間を広く感じさせる力を持っており、呼吸をラクにする効果もあると言われています。また物件に用いることで、その空間に清潔な印象を与えることができます。

自分だけの空間を創る

img_03奥行1600mmのフルワイド浴槽を採用。SPAGEには6タイプのこだわった浴槽の形があり、人が最高にリラックスできる形が計算され尽くされています。成人男性でも十分に足を伸ばしてくつろぐことができ、サイドには段差があり、半身浴をすることも可能です。

よりリラックスできるように、肩湯とジェットバスをオプションで追加。特に肩湯は、心地よくお湯に包まれるという感覚が一日の疲れを吹き飛ばしてくれます。
シャワーにもこだわっており、通常のシャワーに加えオーバーヘッドシャワーも採用しています。オーバーヘッドシャワーとは高級ホテルにあるようなシャワー ヘッドを持つことなく、上からシャワーを浴びることのできる仕様のもので、自宅ではないような贅沢なシャワータイムを過ごすことができます。

浴室テレビは32型の防水TVとデジタルサウンドシステムを搭載し、高音質のサウンドシステムを天井に設置しました。スマートフォンなどからBluetoothでつなぐことが可能で、お好きな音楽をいつでも高音質で聞くことができます。

利便性の追求も忘れずに。

寒い季節の暖房や梅雨時期の乾燥などに活躍する浴室換気乾燥暖房機ももちろん設置しています。
この設備もメーカーや取り付け方により、効率よく温度が上がったり、空気が循環したりとしっかりとこだわるポイントです。

現在はバスルーム商材が増えると同時に、質も上がってきています。本来であれば在来工法で創り上げるようなバスルームがとても身近に安価になってきています。
またパッケージやオプションで販売しているところも多く、メーカーの保証も付いてきます。
その物件自体の構造・お客さまの実現したい暮らし・好みなどを大いに反映させることができる時代になりました。
せっかくリノベーションという選択をしたからには、たくさんのショールームを回ってぜひ自分だけのバスルームというパワースポットを創り上げてみてはいかがでしょうか。

CONTACT